万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい。

「レバレッジリーディング」始めました

ビジネス書はたった1500円程度で成功者のノウハウを学べるコスパが最高の投資であ

 

ちょっと古い本なのですが、「100倍の利益を引き出すビジネス書『多読』のすすめ」という見出しにひかれ、本田直之さんの著書「レバレッジ・リーディング」という本を読みました。

 

その本の内容がなかなか興味深く、僕も実践しようと思ったので紹介します。

 

 

 

 レバレッジ・リーディングとは

簡単に言うと

 

「ビジネス書に線を引きながら斜め読みし、その部分だけ抜粋して何度も読み返す」

 

というものです。

 

読書と聞くと「買った状態からなるべく汚さずに丁寧に1冊を読み込む」というイメージがありますが、それをぶった切るような読書法です。

 

趣味の読書ではなく投資の読書

それもそのはず

 

レバレッジリーディングの目的は「本を読むこと」ではなく「読んだことを実生活に反映させること」だからです。

 

成功者の行ってきたことのなかで使えることだけを記憶にとどめる。そのため大事だと思った部分に線を引き、ページを折りながら読み進めます。

 

読書を楽しむのではなくあくまでノウハウを学ぶ手段としての読書法となります。

 

目的を持ち多読を心がける

この読書法は本を読む前から始まっています。

 

どんなことを得るためにこの本を読むのかを明確にしてから本を読むのが大事だと述べています。

 

やみくもに本を読むよりも、目的を明確にしたほうが大事なフレーズが目に留まりやすくなるからです。

 

また一つのテーマに対していろんな著者の本を読むことも勧めています。

 

日々の研究により僕たちの常識はどんどん更新されていきます。今まで正しいと思っていたことが覆ることはよくあることです。

 

そのときに過去のことにこだわるのではなく新しい知識をどんどん吸収することが重要となってきます。

 

 

読むだけでは終わらせない

そして本を読んだ後に「良いことが書かれていた」と思うだけでは自分を変えることができません。

 

なぜなら人は忘れるからです。

 

大事だと思っても1か月も経つと頭に残っていない。

 

そうならないために大事だと思ったことを抜粋してスキマ時間に何度も読み返すことがこの方法のキモになる要素です。

 

何度も読むことで頭に刷り込み自分の行動を変化させていく

 

これがレバレッジ・リーディングとなります。

 

ブログに書けば最強じゃね

そんなレバレッジリーディングですが、僕は読んでこれはやってみたいと思いました。

 

ただメモに抜粋して持ち歩くのは面倒だと思い、ブログに書きます。

 

ブログならスマホでいつでもどこでも見ることができるしね。

 

自分が大事だと思ったところを抜き出して読み返すだけなので、ほかの人が見てもちんぷんかんぷんだと思いますが、このブログに自分が読んだビジネス書を記録していきます。