万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい。

【本】FGOから入った新規ファン向けかと思いきや…新規も古参にもおすすめ「TYPE-MOONの軌跡」

TYPE-MOONファンによるファンのためのTYPE-MOONの作品とその魅力を詰め込んだ1冊。

 

FGOからFateを知った人への指南書の面だけでなく、すべてのファンに向けた、ファンによるファンのための解説本です。

 

 

 

FGOから入った新規ファン向けかと思いきや

僕はTYPE-MOONと出会ったのは大学生のときに、書店で平積みされてた空の境界の上巻を手に取ったのが始まりでした。
 
独特なきのこ節、圧倒的な中2臭さに魅了され中巻、下巻が発売されるのを今か今かと待ち続けた覚えがあります。
 
そこからDEEN版Fateのアニメを見て、フルボイスでゲームがやりたくてPS2を買い、人生初のエロゲとなるホロウを買い、月箱をヤフオクでゲットし・・・と着々と月厨の道を歩んできました。
 
派生作品が多過ぎで全部終えてませんが、今でもまほよやDDDの続きを待ち望んでいます。
 
このTYPE-MOONの軌跡ではTYPE-MOONの成り立ちからこれまで世に出てきた各作品の魅力が書かれています。
 
なかにはもっと深く説明してほしいっていう感想もありますが、
 
新規のファンには最低限のネタバレで各作品を知るとっかかりになるし、プレイ済みの僕は「そう!そこが面白かったんだよ!」
 
とプレイしたときに感じてたことが言葉にされてめっちゃ納得しながら読めます。
 

もう一回プレイしたくなる

そうやって読み終わると月姫から全部やり直したくなります。
 
最近は映像化だったり他のライターさんが書いたFateだったりときのこ成分が不足しているので押入れら月姫を引っ張り出してやりたくなる。
 
hollowのアヴェンジャーとバゼットの最後のやり取りを読みたくなる。
 
まほよのクオリティの高い映像をでかい画面で見てみたくなる。
 
 
 

TYPE-MOONは今後もぶれないでほしい

聖杯戦争というシステムによってまだまだFateは広がり続けると思います。
 
本書でも書いてあったけどどれだけ広がっても少数精鋭で動くTYPE-MOONのスタンスが変わらない限り、たぶんこれからも面白い作品を作り続けてくれるし追っていきたいです。
 
でも正直言うと重大発表があっても「またFateか・・・」って気持ちにもなるので、まほよとか!DDDとか!スタママとか!他の続報を待ってます。