万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい。

【FX】グルトレ4週目成果報告【グルグルトレイン】

4月になりました。

 

グルトレ始めてから1か月。

 

80円割れそうだった豪ドルはなんとか持ちこたえました。というか動きがあまりなかったような。

 

先週の報告でいったん中止するか悩んでたんですが、結局週の中頃で全決済しました。

 

typenitro.hatenablog.com

 

 

 

今の設定

取引通貨:AUD/JPY

サポート:ロング(500通貨/円)

トラップ:20銭幅1本100通貨(5本/円)40銭利確

 

本家よりだいぶ減らしてます。ツールで検証とかはしてないのでほんとにこれで大丈夫なのかはわからん。

 

今週の利益とか

トラップ利益:760円

複利ロング利益:なし(2本塩漬け中)

 

今週の合計利益:480円

始めてからの総利益:3700円

 

口座の総合計評価損益:-2226円

固定ヘッジ:7本(1本100通貨)

 

トータルマイナスでしたが全決済しました。

 

10円幅は心臓に悪い

この設定でグルトレを始めたときは「10円分あれば大丈夫だろ」と思ってたんですが、実際に初めて見るとすぐ5円近く落ちてしまいました。

 

そうなると自分の中で

 

10円落ちても大丈夫→5円落ちたらアウト  

 

と、悲観的な感情に変わってしまいました。

 

「あと5円も余裕がある」と思えるほど僕のメンタルは強くなかったんです。

 

落ちるまでに固定ヘッジをたくさん立てればいいと考えて10円幅で始めましたが、1か月せずに想定の半分まで来てしまった。

 

じゃあと半分落ちるのもすぐかもしれない。固定ヘッジ全然足りないやん…。

 

となってしまって…。

 

トラリピなどのリピート系の手法の大原則である「史上最安値になっても大丈夫な量で仕掛ける」というのがどれだけ大事か身をもって知りました。

 

このままだと80円割って10円分下がって終わってたかもしれない、逆に上がって跳ね返すくらい利益が出ていたかもしれない。

 

どちらに転ぶかはわかりませんが、ビビッて逃げました。

 

ただこのまま手を引くわけではありません。

 

相場を読まなくても計算だけで仕掛けることができ確実に利益を生むシステムトレード。特に両建てでどっちに動いても利益を生むグルトレは魅力的な手法です。

 

今回は僕の想定が甘かっただけです。

 

なので投資額をもう少し増やし、広く浅く仕掛けなおします。

 

史上最安値になってもロスカットされないよう計算しなおして再挑戦です。

 

 

 

 

グルグルとレインとは

川崎ドルえもんさん( @kawasakidoruemo)が考案した新しいシストレの手法です。

 

相場の8割がレンジであることを利用してロングとショート両方でトラップを仕掛ける+トレンドに沿ったサポートを立てることで、裁量取引を一切使うことなく細かい利益を積み重ねていく手法。

 

逆行にも耐えられるような資金管理が肝になりますが、最初の設定だけちゃんとできればあとは1日数分の管理でなんとかなるというお手軽さがポイント。

 

詳しいことを説明するのは難しいので割愛。

 

以前はKindleで書籍を販売していたのですが現在は非公開。多分ちゃんとしたところから出版されるんじゃないかなあと思ってます。

 

一応この記事にざっくり概要は乗ってるのでそれをもとに構築するしか…。

hbol.jp

 

 

シストレなので資金管理が命です。レバ規制が10倍になるので証拠金がより必要になってきます。

 

1通貨からできるSBI FXが個人的にはおすすめです。FXは余剰資金でやるのが大事。

 

FX(外国為替)ならSBI FXトレード | SBI FXトレード