万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい。

【本】保険よりも予防に金をかけろ『むだ死にしない技術/堀江貴文,予防医療普及協会』

ホリエモンの医療本。

 

タイトルのインパクトが強い。医療とか素人だろと思って読み始めましたが意外や意外、その辺の好き放題言ってなんも責任取らんニセ医学本なんかより、まっとうな予防啓発本でした。

 

疑ってすまん。

 

それもそものはず。この本はホリエモン一人の見解ではなく、彼が発足した「予防医療普及協会」が全面監修しています。

 

yobolife.jp

 

メンバーを見てもらえばわかると思いますが、多くの医療従事者が関わっています。

 

「防げる病気は徹底して防ごう」というコンセプトで書かれており、読めば納得する内容でした。

 

  

 

病気にならないことに金をかけろ

ガンなどの大きな病気になったときのために保険に入っているという人はたくさんいると思います。

 

ガンの治療には多額のお金が必要だという認識があるからです。実際は一定額以上の治療費は国が負担してくれる制度があるのですが。

 

高額療養費制度を利用される皆さまへ |厚生労働省

 

でもそもそも病気にならないように行動してる人ってどれくらいいるのかと。

 

サプリや健康食品には敏感な日本人ですが、がん検診や人間ドッグに毎年欠かさず行ってる人は他の国に比べ驚くほど少ないのだとか。

 

検査は自費になっちゃうので高いと感じる人が多いのだと思います。

 

でも病気の発見が遅くなればなるほど治療にかかる時間や費用、ガンともなればそのまま死んでしまう可能性がぐっと上がります。

 

治す方法があるのに知らずに死んでしまうのは「むだ死に」です。

 

ガンは日本人の死因のNo1です。でも早く分かれば簡単な手術や薬で取り除くことができるかもしれません。

 

症状が出てからでは遅い。症状が出る前に予防・検査で早期発見することが大切です。

 

胃がんは防げる病気

日本人の死因No1のガンですが、ガンと言ってもいろんなところにできます。

 

2016年の部位別の死亡数を調べると、

 

男性では肺がん、大腸がん、胃がん、肝臓、すい臓

女性は大腸がん、すい臓がん、肺がん、胃がん、乳がん がトップ5です。

 

がんの部位別統計 | 日本対がん協会

 

リンク先のグラフを見てもらえばわかりますが、この5つで死亡数の6割以上をカバーしています。

 

なのでこの5つに注意して検診などを受けていればガンで死ぬ可能性はぐっと減らすことができます。

 

特に胃がんは年間5万人近くの人がなくなる病気です。雨上がり決死隊の宮迫が胃がんで手術したことや、胃がんが原因で黒木アナが31歳の若さで亡くなったことは有名です。

 

胃がんの原因はほぼ判明しています。

 

それはピロリ菌です。

 

ピロリ菌は胃の中で生息する菌で、胃酸で溶かされずじわじわ胃にダメージを与えていきます。衛生環境によってかかる割合が違っており、若い人ほど感染してる人が少ないです(10%くらい)

 

2008年にでた外国の論文によると、30歳までにピロリ菌を除去すればほぼ100%胃がんを防げます。年齢が上がれば上がるほど予防効果が落ちてしまうので早期にピロリ菌を除去することがポイントです。

 

ピロリ菌の検査なら自費でも1万前後です。陽性なら除菌治療を行って胃がんのリスクをゼロにすることができるし、陰性ならひとまず安心できます(検査は100%ではないので定期検診は必要かも)

 

ほかにも大腸がんは予防はできなくても検診で早期発見できますし、肺がんは一番の原因の煙草を避けるだけでも大きくリスクを下げることができます。

 

保険がまったく無駄とは思いませんが、保険のランクを落としてその費用を年1回の人間ドッグに回すというのは合理的な考え方じゃないでしょうか。

 

 

歯周病も日々のケアで防げる

歯医者に定期健診行ってますか?僕は年2回行ってます。

 

なんと歯周病は成人の8割がかかっている国民病なのです。

 

しかもかかってしまうと自然治癒はしないのだとか。

 

たかが歯と思っているかもしれませんがそこから菌が入って全身にいきわたってしまうことだってあります。

 

歯磨きだけでは不十分でデンタルフロスや検診による歯石除去が大切。

 

フィンランドでは無料で検診を行っており、無視して虫歯になると治療費は自己負担になるのだとか。日本にも導入すればいいのに。

 

 

ピロリ菌検査してみます

ためになるし面白かったです。

 

予防や検査を徹底して健康寿命をできるだけ伸ばしたいよね。

 

読んだだけで終わっちゃうと何も変わらないので、本書でも大きく取り上げられてたピロリ菌検査をします。

 

自費で検査してくれる病院もあったんですが、病院に行くのはなかなか都合がつかないので郵送で検査してくれるとこを探してみました。

 

すると著者の予防普及員会からちょうど4月末に検査キット付きのピロリ菌の本がでるじゃないですか!

 

 

書籍代とは別に検査代が必要ですが。両方合わせても4300円くらいなので病院に行くよりは安く済みます。

 

ポチりました。

 

これで陽性反応が出たら病院行って除菌してもらいます。